2009年04月18日

上顎洞底挙上術 オステオトームテクニック

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)

上顎の骨には上顎洞という空洞があります。上顎の歯を失ってしまうと上顎洞は拡大し、結果骨が薄くなってしまうことがあります。上顎洞底挙上術(サイナスリフト)は拡大してしまった上顎洞に人工骨を移植することで、骨の厚みを確保する治療です。

サイナスリフトには大きく分けると、骨の横からアプローチするラテラルウィンドウテクニックと骨の下からアプローチするオステオトームテクニックがあります。

 

今回は、オステオトームテクニック(ソケットリフト)を紹介します。

 

オステオトームテクニック(Osteotome technique

 オステオトームテクニックは、上顎洞底挙上術の中の1つの方法です。5mm程度の骨が残っている場合に、オステオトームという器具を用いて、骨を増やしながらインプラントを同時埋入するテクニックです。ラテラルウィンドウテクニックよりも、治療期間や手術のストレスを減らすことができます。

 

ソケットリフト

←左上臼歯部(画面右上)の第二大臼歯付近の

 骨が5mm程度しかありません。

 

 

 

 

soket

←インプラントを3本埋入。一番後ろのインプラン

 トにはオステオトームテクニックを使用。

 

 

 

 

soket

←拡大図。

 上の白線が増えた骨です。

 6ヶ月に2次手術をします。

 

 

 

 

 

implant

←他の症例です。

後ろの2本にオステオトームテクニックを使用していま

す。

 

 

 

 

 

ラテラルウィンドウテクニックに比べ、治療期間が短く、体への侵襲が少ないなどの利点があります。ただ、骨を増やす量に限界があるという欠点もあります。

 

 



tannodentaln at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ